転職に向けての10箇条 その2

こんにちは、日々、キャリアを研究し、キャリアで自己実現できることを応援しているくららこと藏光 幸代です。

転職活動に向けての10箇条、前回の投稿でご紹介し、第一箇条について説明しました。

1. 自分のタグ(強み)を1ミリからでもみつける
2. 経歴書(CV)とインタビューの準備はセットで
3. リサーチ、リサーチ、リサーチ
4. エージェントはパートナー
5. プロセスなくして戦略なし
6. ジョブディスクリプションを読む
7. やりたいことの言語化
8. 身体が資本
9. 魅せ方(化ける)
10. 笑顔

ふたつめ、『経歴書(CV)とインタビューの準備はセットで』 について説明したいと思います。

一言でいいますと、インタビューを想定して職務経歴書を書くです。
転職回数が多いなどネガティブに映るものも、ストーリーをつける。
一見、行き当たりばったり的に見える職歴も必ず何か繋がるものがあるはずです。
そういう風に見えてくると自己肯定感も上がってくる。そして、元職場であったネガティブなことも浄化されて
新しい気持ちになることで冷静に次の環境について考えれます。
気持ちが整理できていないままインタビューに呼ばれてもうまくいかない。
この作業はときにつらいものになりますが、通るべき道であるとも言えます。
そのあと、一人でするもよしですが、冷静な目、第三者となって自分の経歴を見つめなおし
将来を描き、次へつながるように書くことです。

具体的にどう書けばインタビューに呼ばれるのか?

1. 自分のこれまでしたことをモジュール化する
2.モジュール化したジョブに関連する専門性を入れる
3.その専門性のあるモジュールを数値で示す

具体例:
事務所、会議室の整理整頓、清掃。

事務所安全法則に則り、オフィス環境の安全衛生管理をになう。
もし、いやぁそんな法令しらんし、気が引けるという方は、事務所安全法則をよんでみてください。
実際はやっている。温度、湿度、照度など。
法則(コンプライアンス)を意識して事務所の清掃や整理整頓をしたら、今している業務の見方も変わるし、今後のキャリアにつながる。
https://www.mhlw.go.jp/web/t_doc?dataId=74089000&dataType=0&pageNo=1

インタビューを想定して職務経歴書を書くといいましたが、将来のキャリアを明確にイメージすることにもつながるのです。

関連記事

  1. 転職に向けての10箇条 その3パート➁
  2. 転職に向けての10箇条 その3パート①
  3. 転職に向けての10箇条 その3パート③
  4. 転職に向けての10箇条 その4 エージェントはパートナー
  5. 転職活動に向けての10箇条 その8 「身体が資本」
  6. 己の魅せ方 ポートレート撮影会 
  7. 転職みんちゃれプロジェクト第4期生募集中
  8. 五感を他人に預けてはいけない理由

最近の記事

PAGE TOP