苦しむから楽しむ入院生活へ

来週水曜日まで入院は確実で、

最終的にいつまで入院かは

来週月曜日の検査結果次第と言われました。

その検査結果は悪く

月末までの入院が確定しました。

血液にまで入っていたばい菌の特定ができたので

点滴治療を2週間しますとのことだった。

病院の居心地は悪くなく、

例の世間を騒がせた賄賂でできた建物は

頑丈で高層ビル。

隙間風など一切無し。

四人部屋では窓側のベッドだった。

今一度確認したら窓は開けれない。

11階からの眺めはよく日当たりも良かった。

同室の患者さんたちは、

私以外、外科で入院で短期だった。

向かいのベッドの患者さんは男性のようで

夜のいびきもすごかった。

なにやら甥っ子と同姓同名の名前が貼った病室が

ひとつ隣にあり、

コンプラで看護師さんに甥っ子かどうか教えてもらえなかったが、

その父に電話したら本当に甥っ子だったことが判明

「いつぱちって書いてかずやって読むんだけど

なかなか無い名前だからさぁ。」

「へぇ~、珍しい名前ですねぇ...」

ん⁈ 関西の有名漫才師の息子で一時期俳優をしていた

「一八」と同じだと思いながらそんな奇遇なことあるんだなと聞いていた。

病室では電話してはいけないのだが、

ひとしきり甥っ子と電話して

コロナ禍でお酒を飲みすぎて入院した甥っ子に

説教していた。

「救急で運ばれた!親父と一緒じゃないか!そんな酒ばっかり飲んでないで、またおばちゃんとこご飯食べに来な。」

コロナでお酒に依存する人がいるのはほんとなんだなぁ。

おばちゃん….女性だった。

すぐにおばちゃんは退院してゆき、病室に静寂が訪れ、

また点滴薬が効いてきたので身体も軽くなり、気持ちに余裕がでてきた。

友達から勧められた本やドラマを見始めた。

点滴は7:00、15:00、23:00の3回

食事は8:00、12:30、19:00

朝と15時ごろにミルクティーを飲む。

食後は歯磨き。

その間、シャワー 13:30-14:30 予約制

1Fのコンビニに15:00-16:00に、お茶に合うお菓子を買いに行ったり

散歩していた。

朝は5:00、日の出前に起き、22:00に消灯で

寝るようにしていた。

上げ膳据え膳、

コロナ禍で自炊が多かったここ2年。

人が作ったご飯を食べる嬉しさ。

しかも美味しい。白米久々に食べた。

友人に勧められた本がKindle Unlimitedになかったので

Amazonで購入。 届くのを待った。

家から持ってきた本も読み終わり

何を読もうかなぁと悩んでいる時に

ふと見つけた「マリコ書房」YouTube

ここで紹介された本を読むことにした。

 

 

 

関連記事

  1. 人が丸くなるということ
  2. SNSでの非言語コミュニケーション🎤
  3. 逆ナースコール
  4. 常にアップデートと専門家に聞く癖をつける
  5. 職場でのネットワーク作り
  6. 予兆
  7. 卒業式の想い出
  8. キャリアコンサルタント国家資格試験合格

最近の記事

カテゴリー

PAGE TOP