痛み

ほんと、こんな痛みを感じたのはいつ以来だろうか?

出産の時ですらこんな痛みを感じなかった。

なんしか寒い。震えがとまらない。

オットに電話する。

「救急車呼んでほしい。」

オットはムスメを起こすように言う。

深夜2時すぎ、受験生のムスメに迷惑をかけたくない。

ベッドから起き上がれない。携帯で呼ぶもムスメは気づかない。

携帯で119を押す。

交換の方が容態を確認する。何と答えたか記憶がない。

すぐに住所の確認。なんとか言えた。

10分から15分で向かいますと言われた。

こんな簡単に来てくれるんだという印象をもちつつ、

ムスメの部屋へなんとか身体を起こして向かう。

案外ムスメはすぐに気づき、救急車を呼んだのでこれから来る。

一階の扉を開けてきてほしい旨伝える。

開けに行ったらすでにいたのか、娘と救急隊員3人が部屋に入ってきた。

血圧かなにかチェックされたのかいくつか質問に答えると、

そのまま椅子上のタンカーに座るようにいわれ、そのまま救急車にのった。

ムスメも付き添ってくれている。

前日に近所のクリニックへ行き、今日もよくならなければT病院を紹介すると言われていたので

その病院へ運んでくれるように伝えたが、救急がいっぱいで別のN病院へ行くことなる。

よろしいですか?と確認され、賄賂問題が頭に浮かんだが、これ以上時間を取ってる場合でないと

受け入れた。

救急車にのったら安堵で気分がましになってきた。

この時はその後20日ほど入院するとは夢にも思っていなかった。

ムスメがしっかりこちらを見ている姿がほほえましかった。

相変わらずクマみたいにかわいい。

関連記事

  1. 保護者会退会しましたーコンプライアンスにこれぐらい大丈夫はない!…
  2. Twitterの検索性能の高さ
  3. 質問力はあるとして的確な質問になっていたかが疑問
  4. 猫ふんじゃった
  5. ズームでブレインフィットネス
  6. ギフト
  7. 繰り返すコミュニケーション世代
  8. 転職に向けての10箇条 第8条 「身体が資本」

最近の記事

カテゴリー

PAGE TOP