ニューノーマルでの労働時間

会社勤めをしていると

一日の何時間労働か決められています。

実働労働時間も記録されます。

通常一日8時間、週40時間です。

これに通勤時間も加えると拘束時間は42時間ぐらいになりますでしょうか。

COVID-19のパンデミックでテレワークに切り替わり

在宅勤務で

一日8時間も働かなくても仕事ができることが分かりました。

これまで対面でしていた会議がビデオ会議に変わったことや

はんこでしか承認できなかったものが、サインだけでよくなったり

原書でないといけなかったものがPDFでも可能になったり

そんなことが労働時間を劇的に減らしていきました。

在宅になっても、始業、終業時間は決まっていますが、

その時間ずっとエンジン全開でいる必要もないことも、

全開でいると心身ともに負担が大きいことにも気づきました。

一日、本当はいったいどのくらいの労働時間で

仕事を終えることができるのか考える良い機会となりました。

次に考えるのは、自分にとって最適な労働時間ではないでしょうか?

会社の仕事だけが労働時間ではなく、

家事、読書といったQOLを上げる時間もふくめて最適時間を見つけることが

ニューノーマル(New Normal)には必要と思います。

 

 

関連記事

  1. 猫ふんじゃった
  2. ズームでブレインフィットネス
  3. ノンイベント
  4. 自分ファースト
  5. 念願のIKEAでツリー(生木)を購入~ウイッシュリストNo.1だ…
  6. 五感で引き際を知る
  7. 財テク授業を憂う
  8. 実際に検証してみること

最近の記事

カテゴリー

PAGE TOP