まずはワーキングメモリーを動かす環境を整える

今日は仕事でふたつのセッションのファシリテーターをしました。

リモートでのセッションでしたが、トレーニングについて意見を聞くと言うセッションを実施しました。

始まるまでと始まってからZoomの入り方の質問がありました。

私が勤める会社は外資企業なので、コーポレートと呼ばれるアメリカ本社からのトレーニングとアジアリージョンからのトレーニングが提供されます。

このほどバーチャルでトレーニングプランを作ったということで本社のほうから知らせがあり、

すでにたくさんあるトレーニングにさらに数が増える模様。内容も重なっているっぽい。

ということで、ローカルそれぞれの意見を聞くということで、わたしは日本での意見を聞くことになりました。

いろいろ、各部門でのトレーニングの意見がでるなか

リモートワークでのIT機器についてやアプリケーションの使い方のコツのトレーニングをしてほしいという意見がでました。

もともとヘルプデスクもなければITスタッフもアジアには一人しかおらず、香港にいます。

ほとんど困ることがないと思っていたのですが、、、やはり日々ITサポートがないと業務が進まないようで、

それぞれ求めているものが違うと理解はしていましたが、直接困っているという意見を聞き

ほんとにそれぞれのワーキングメモリは違うのだなと痛感しました。

まずは環境、インフラを整えないとワーキングメモリーもうまく働かないので

そちらをまずは対応せねばいけないなと気づきました。

関連記事

  1. 質問力はあるとして的確な質問になっていたかが疑問
  2. 将棋崩しのように問題を解決する思考法
  3. 自分ファースト
  4. 情報の精査
  5. 継続は力なり―何を継続する?
  6. 自分の希少資産を考えてみた
  7. 財テク授業を憂う
  8. ゲーミフィケーションのチートメニュー

最近の記事

カテゴリー

PAGE TOP