ゲーミフィケーションの評価とは

受験などわかりやすいゲームです。

評価基準がはっきりしています。

そのまま大学に入れば、そのあと新卒一括採用で就職します。

こちらもわかりやすいゲームです。

ただこれらのゲームは、相手側が有利なルールになっています。

会社に入ってからの評価も

会社側に都合の良いルールになっています。

Under Performer, Low Performer など基準があいまいです。

ラットレースと呼ばれるもので

全員ゲームに参加していると言われています。

が、実はそうではありません。

このことについてnoteに書いていますので

ご興味のある方は読んでもて下さい。

ラットレースには乗りたくないという前に
https://note.com/kurara_lab/n/nd782706e76b9

日本は他国に比べて労働基準法で雇用が守られているとはいえ

このコロナ禍、雇用調整助成金が枯渇していると昨日いわれ延長する検討を

政府がしているという考えを示しましたが

このしわよせは国民(若者)にいつか来るはずです。

では国民全員が困窮するかというと、

富裕層はさらに裕福に格差が広がっています。

私は転職のアドバイスをしていますが

収入を得る場所は会社だけではないと思いますが

一旦会社に入ってから起業するにしても

会社にいる間は、精神てきにも健全で過ごせればと思います。

どの企業も最初はだれかが起業しているのですから。

ブラック企業はもちろん、ルールが会社側にひいきすぎない会社をお勧めしています。

そういった関係で、比較的極端な体制にならない外資系企業をお勧めしています。

外資でもブラック企業は存在しますが、

中途採用や育休、介護休暇は取得しやすいです。

そういった環境で初めてゲーミフィケーション感覚で仕事ができると考えます。

今日も良い一日を!

関連記事

  1. 継続は力なり―何を継続する?
  2. 自然と物事が解決するとき
  3. SNSでの非言語コミュニケーション🎤
  4. 読書よりNetflix
  5. 転職みんちゃれプロジェクト参加者 近況報告①
  6. キャリアってこんなもの
  7. 転職に向けての10箇条 第3条 リサーチ、リサーチ、リサーチ ①…
  8. チートメニューとしてのデリート機能

最近の記事

カテゴリー

PAGE TOP