転職もゲーミファイ感覚でしてみたら

転職もゲーミファイ感覚でどんどんチャレンジしてほしい

私はこれまで転職7回8社を経験しています。

いままだ現役会社員なので転職回数は更新されるかもしれません。

最短で10か月しか勤務してませんでした。

合わないと思ったし、会社側もちょっと合わないんでないかと

いうことで、ゲームオーバー

当然、次のゲームを探しにいきます。

産休、育休も、今思えばゲーミファイ感覚で取得していた。

前任者と代表(ともに女性)が取得されていたので

比較的スムーズにとれました。

この職場で取っておくべきだ!と

子を持つというライフプランを立て在職中に達成しました。

私は、本当のゲームはしません。

ボードゲームもほとんどしませんが、

すると、没頭します。

私は、活発で好きなことができるとマッハで試行錯誤して

やってみますが、飽きるのも早いです。

また、少しでもうまくいかなくなるとくよくよ悩みます。

プライドが高いのでしょうね。

でも、ゲーミファイ感覚ですると

そんなプライドも忘れて

次のゲームに必要な装備を持つことに頭が切り替わり、

飽きるどころか次のチャレンジを求めて動いていくので

くよくよしている暇もありません。

人生まるごとゲーミファイで楽しみます。

 

 

関連記事

  1. 「採用したい!」と思わせる面接の秘訣⑤を終えて
  2. 転職に向けての第10箇条 第7条 言語化
  3. ルーティーンで体力アップ
  4. 外資系職務経歴書書き方イベント参加者へインタビュー① 政界へのチ…
  5. 五感を他人に預けてはいけない理由
  6. 塵も積もれば山となる方式で家事Update
  7. 投資とテクノロジー
  8. 常識という罠と良いストッパーとTwitter

最近の記事

PAGE TOP