転職もゲーミファイ感覚でしてみたら

転職もゲーミファイ感覚でどんどんチャレンジしてほしい

私はこれまで転職7回8社を経験しています。

いままだ現役会社員なので転職回数は更新されるかもしれません。

最短で10か月しか勤務してませんでした。

合わないと思ったし、会社側もちょっと合わないんでないかと

いうことで、ゲームオーバー

当然、次のゲームを探しにいきます。

産休、育休も、今思えばゲーミファイ感覚で取得していた。

前任者と代表(ともに女性)が取得されていたので

比較的スムーズにとれました。

この職場で取っておくべきだ!と

子を持つというライフプランを立て在職中に達成しました。

私は、本当のゲームはしません。

ボードゲームもほとんどしませんが、

すると、没頭します。

私は、活発で好きなことができるとマッハで試行錯誤して

やってみますが、飽きるのも早いです。

また、少しでもうまくいかなくなるとくよくよ悩みます。

プライドが高いのでしょうね。

でも、ゲーミファイ感覚ですると

そんなプライドも忘れて

次のゲームに必要な装備を持つことに頭が切り替わり、

飽きるどころか次のチャレンジを求めて動いていくので

くよくよしている暇もありません。

人生まるごとゲーミファイで楽しみます。

 

 

関連記事

  1. 転職に向けての10箇条 第1条 自分のタグ(強み)を1ミリからで…
  2. 私のマルチタスクって
  3. ズームでブレインフィットネス
  4. ゲームを脱落しないために
  5. 陰謀論は会社でも起こる
  6. ノンイベント
  7. ニューノーマルでの労働時間
  8. 環境を変えるということ

最近の記事

カテゴリー

PAGE TOP